MENU

天使を育む
エンゼル精舎

エンゼル精舎とは

幸福の科学グループが運営する
乳幼児向けの宗教教育施設です。

「エンゼル精舎」とは、
人間にとって一番大切な
「信仰心」と「四正道(愛・知・反省・発展)」
乳幼児期から学ぶ、
託児型の宗教教育施設です。
大川隆法総裁作詞・作曲の校歌、応援歌、
子守唄などの楽曲や、
真理の絵本に込められた
願いに基づく教育を行っています。

エンゼル精舎では、日々の生活そのものが宗教教育であり、宗教修行であると考えています。
折々に、祈りや感謝を捧げるとともに、
人間にとって大切な「優しい心」
「人を思いやる心」などの協調性や自制心、
自助の精神を身につけながら、
心身ともに健やかに育んでまいります。

  • 信仰

  • 反省

  • 発展

エンゼル精舎で学ぶこと

歌とお話と絵本で、幼いうちから「信仰」と「四正道」について学び、「優しい心」「人を思いやる心」「自助努力する心」など、神様から愛される心を身につけていきます。

  • 信仰

    神様が大好きな子
    みんな光の子だと信じられる子

    世の中を愛と勇気で満たすんだ。
    信仰の道をまっすぐに すくすく成長していくよ。

    ♪エンゼル精舎応援歌『バナナ』

    みんな、光の子だ、負けないぞ。
    いじめたり、いじめられたり、するもんか。

    ♪『エンゼル精舎』校歌

  • 四正道①

    思いやりのあるやさしい親切な子
    「ありがとう」ができる子
    お友だちを大切にできる子
    明るい笑顔の子

    みんな、友情で、つながっている。
    勉強の、できない子も、できる子も、親切だけは負けないよ。
    本当に、かしこい子に、なってみよう。

    ♪『エンゼル精舎』校歌

  • 四正道②

    仏法真理のおはなしと絵本が大好きな子
    お勉強もがんばる子

    こうやって、昔の人が考えたことを勉強し直して、
    そして今度は、ぼくが新しいことをみんなに教えるんだ。
    新しい発明をするんだ。
    新しい発見をするんだ。
    それでこそ、
    今、生まれてきた意味があるんじゃないか。
    だから勉強するんだ。
    勉強するから、みんなよくなっていくんだ。
    勉強するから、みんな幸福になっていくんだ。

    「しあわせってなあに 第3巻」/第5話 よく勉強すること

  • 反省四正道③

    素直な子
    「ごめんなさい」ができる子

    ごめんよ。ごめんよ。
    うるさくして、ごめんよ。
    悪口言って、ごめんよ。
    けんかを仕掛けて、ごめんよ。
    先生の言うことを聞かなくて、ごめんよ。

    でもね、いつかきっと、自慢の子供になるから。
    だから、その時まで、ごめんよ。
    きっと、一生懸命に努力をするから、ごめんよ。
    神さまに祈っては、がんばるから。

    ♪ごめんよ(エンゼル精舎の歌)

  • 発展四正道④

    神様に近づいていこうと成長する子
    自分のことは自分でしようとがんばる子
    勇気をもっていろいろなことにチャレンジする子
    のびのびと個性を発揮する子

    じじょろんで行こうよ。
    じじょろんで行こうよ。
    まだまだぼくらは小さいが、
    毎日何かが進むんだ。
    先生や、お父さんやお母さん。
    ぼくらは小さくっても、
    何でも自分で、片づける。

    ♪エンゼル精舎応援歌『自助論で行こうよ』

1日の流れ

一日を歌に彩られたエンゼル精舎。朝の会、帰りの会で口ずさむのはもちろん、お食事やお昼寝など、エンゼル精舎で過ごす時間には、エンゼル精舎の歌が子どもたちの心に自然と寄り添います。人間を幸福にする「信仰心」と、その具体的実践項目である「四正道」。歌や絵本、そして法話からの学びを日々に深め、子どもたちが豊かな人生を送るための基礎としていきます。
お祈りやカリキュラムとしての信仰教育の時間はありますが、エンゼル精舎での生活すべてが、宗教教育そのものです。

9:00 AM

順次登園・健康観察

9:20 AM

作務・朝の会・信仰教育
(お祈り、絵本、歌)

9:35 AM

午前のおやつ等

10:00 AM

主活動
(お散歩、製作、ダンス)

11:30 AM

給食

12:30 AM

お昼寝

15:00 PM

午後のおやつ

15:20 PM

帰りの会

16:00 PM

順次降園

主な年間行事

  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 入園式
  • 子どもの日
    母の日
  • 父の日
  • 御生誕祭
    七夕
  • 水遊び
  • 敬老の日
    十五夜(お月見)
    引き渡し訓練
  • 10
  • 11
  • 12
  • 1
  • 2
  • 3
  •  
  • 七五三
  • エル・カンターレ祭
    クリスマス
  • 新年大祭
    お正月
  • 節分
  • ひなまつり
    卒園式
  • 4

    入園式

    10

     

  • 5

    子どもの日
    母の日

    11

    七五三

  • 6

    父の日

    12

    エル・カンターレ祭

    クリスマス

  • 7

    御生誕祭

    七夕

    1

    新年大祭

    お正月

  • 8

    水遊び

    2

    節分

  • 9

    敬老の日

    十五夜(お月見)

    引き渡し訓練

    3

    ひなまつり

    卒園式

※その他の行事:祈願式(毎月)、七の日式典(毎月)、お誕生会(毎月)、保護者会(年2回)、 親子ピクニック

楽曲・絵本のご紹介

『エンゼル精舎』校歌

  • やさしさ・勇気・かしこさ―。歌って育てる天使の心♪
  • 01.『エンゼル精舎』校歌
  • 02.『エンゼル精舎』校歌 Instrumental
  • 作詞・作曲/大川隆法
  • 歌/大川咲也加
  • 編曲/大川咲也加 田畑直之

楽曲のご紹介

エンゼル精舎楽曲シリーズ

エンゼル精舎の楽曲について詳しくはこちら

エンゼル精舎の楽曲について詳しくはこちら

絵本のご紹介

幸福の科学出版の絵本

エンゼル精舎の絵本のラインナップはこちら

エンゼル精舎の絵本のラインナップはこちら

ごあいさつ

創立者メッセージ

みなさんは天国から生まれてきて、毎日毎日、神様・仏様が見守ってくれているので、神様・仏様に感謝しながら生きていくことが大事です。「毎日毎日、今日も一日を僕に、私にくださって、ありがとうございました。どうか、僕がいい子でありますように、私がいい子でありますように、見守ってください。僕が、私が交通事故に遭ったり、転んだり、風邪をひいたりしないように、見守ってください」とお願いしながら、そして、人間として生まれて、すくすくと育っていることを感謝しながら、生きていくことが大事なんですね。 
(開園記念法話「自助論の大切さ」より〔絵本『じじょろんのたいせつさ』に抜粋所収〕)

エンゼル精舎創立者
幸福の科学グループ創始者 兼 総裁

大川隆法

代表ごあいさつ

エンゼル精舎では、大川隆法総裁の楽曲や真理の絵本を通して、「自助の精神」や「親切な心」をもった神様に愛される子の輩出を目指しています。また、本精舎での信仰教育は、全国のエンゼル・プランVでも行われておりますので、ぜひお問い合わせ頂ければと思います。

宗教教育企画局 局長 石川 雅士

エンゼル精舎の子どもたちは、神様や天使さんが大好きです! 普段の会話の中でも「神さまが見守ってくれているよね。」と話す子どもたちを見ると、“本当にみんな宝物だな”と感じています。見た目は小さな子どもであっても、大人の魂を持った存在として、尊敬の思いと大いなる期待を持って私たち職員も、日々関わることを心掛けています。この子たちが、信仰の道をまっすぐすくすく成長できるように、精一杯努力して参ります。

エンゼル精舎 精舎長 鵜丹谷 理恵